情報漏洩対策

企業にとって、情報セキュリティ対策の必然性

私が勤める会社は、顧客情報を扱うため、徹底したセキュリティ対策が義務化されている。どうしてもUSBメモリを使用せざるをえない場合、事前に管理者の決済を必要とされている。それも余程の事がない限り認められない。情報管理部門という部署もあり、その部署がUSBメモリの使用等会社の情報セキュリティポリシーを統一化している。私の会社のようにUSBメモリの使用を含めて、情報セキュリティ対策を徹底していく事も顧客情報を扱う企業にとって、重要なファクターになる。逆にどうしてもUSBメモリを使用せざるを得ない企業もある。そういった企業は、USBメモリ自体の機能向上、特にセキュリティ機能向上によって、セキュリティ問題を最小限に抑える事に期待をしていきたい。

最近のUSBメモリの機能向上に関して

USBメモリをどうしても業務上、使用せざるを得ない企業のために、最近のはセキュリティ機能が向上している。主な機能としては、ウィルスチック機能により、USBメモリ内のデータがウィルス感染を防止する機能がある。この機能により、ウィルス感染の蔓延を防止する事によって、企業内のセキュリティ対策を強化できる。その他の機能として、USBメモリに使用したログデータを保管する機能もある。情報管理責任者は、ログデータをチェックする事で、不正利用等を防止できる。また、利用できるPCを限定できるといった機能もある。このようなUSBメモリの機能の改善は、企業の情報セキュリティ問題の防止に役立ち、最終的には安全な企業の確立に繋がっていく。今後も更にUSBメモリのセキュリティ機能が改善される事はおおいに期待できる。