便利な装置

従来はパソコン上で情報への暗号化をして、外部記録媒体への情報記録をおこなってきました。

特に、データの暗号化を施していないような実データを書き込んだ状態では、誰でもその情報を読みとることが可能です。 そこで、USBインターフェイスを利用して情報通信を行なうことの出来るユーザーを制限することで、情報へのアクセス権を制限して情報漏洩を防止する方法が取られる様になってきました。 また、情報そのものへの暗号化を施すことでセキュリティを高めることで、情報漏洩を防止する事を強化する事ができるようになってきています。 もともと暗号化技術は高い性能をもっているため、それに加えてアクセス権に制限を加えることは、二重ロックを書けるような状態になるので、セキュリティの確保面では十分効果的です。

USB対応の記録媒体にはセキュリティ機能を搭載した製品もあり、利便性は向上してきています。

従来のUSBインターフェイス対応製品には、特にセキュリティ機能は搭載されておらず、単なる外部記録装置として利用されていました。もしも、機密情報を記録する場合には、パソコン上で機密情報を暗号化したものをUSBインターフェイスを介して記録媒体に記録していました。 また、USBインターフェイスを介した周辺装置にはIDが記録されているため、パソコンとの接続照合を行う事で記録媒体へのアクセス管理を行なったり、アクセス出来るユーザーの権限を制限していました。 これらはすべてパソコン上で行なってきましたが、近年になって、USBインターフェイスを用いる周辺装置上にも、暗号機能やアクセス管理機能等を有した記録媒体が供給されるようになってきました。 従って、セキュリティ機能付きの外部記録媒体を利用すれば、パソコン上にセキュリティ環境がなくても機密情報の漏えい防止対策を施す事ができるので便利です。